About us SBI金融経済研究所について

Message 理事長メッセージ

SBI金融経済研究所は、2021年4月に次世代・デジタル金融を調査研究するシンクタンクとして、設立されました。設立に際しご支援を頂戴した方々に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

当研究所では調査研究や政策提言を通じ、デジタルアセットの活用による次世代・デジタル金融の推進に貢献していきたいと考えております。2008年に誕生したDLT(分散型台帳技術)やブロックチェーンといった新たなテクノロジーは成熟期を迎えつつあり、金融を中心にあらゆる分野で社会実装が求められています。SBIグループは1999年の設立以降、SBI証券や住信SBIネット銀行などにおいて、日本におけるインターネット金融の可能性を切り開いてまいりました。近年では、Fintech分野にも注力しており2020年に国内初のSTO(Security Token Offering)を組成するなど、テクノロジーの進化に応じた新たなビジネスフィールドの拡大に取り組んでおります。このような流れをふまえ、ビジネス面だけではなくアカデミア等との連携をより強化し、日本社会全般の次世代・デジタル金融への対応に更に深く関与していくため、今般SBI金融経済研究所を設立いたしました。

SBI金融経済研究所では、次世代・デジタル金融を中心とした金融・経済・制度・テクノロジー等の調査研究を推進すると共に、アカデミア等と連携し、官公庁への政策提言やFintechリテラシーの向上に資する各種情報発信を積極的に行っていく予定です。日本社会の更なる発展や国際競争力確保との観点より、アカデミアの知見から得た洞察やSBIグループにおける実務の蓄積を最大限活用し、新たなテクノロジーによる社会包摂の推進に寄与していく所存です。

よりよい社会の発展に少しでも貢献するよう努めて参ります。皆様の更なるご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

SBI金融経済研究所 理事長 政井 貴子

Leadership 理事のご紹介

  • 名誉理事長

    竹中 平蔵

    1951年生まれ。一橋大学卒業、博士(経済学)。ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て慶應義塾大学名誉教授。小泉内閣の経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣などを歴任。世界経済フォーラム(ダボス会議)理事などを兼職。
  • 理事長

    政井 貴子

    1965年生まれ。トロント・ドミニオン銀行、クレディ・アグリコル銀行、新生銀行などにて金融市場関連業務を推進し、新生銀行初の女性執行役員に就任、日本銀行審議委員に任命される。21年退任後、ブラックロック・ジャパン株式会社社外取締役などを兼職。
  • 理事

    山﨑 達雄

    1957年生まれ。東京大学法学部卒。大蔵省(現財務省)入省。金融庁参事官、財務官などを歴任。15年退官後、国際医療福祉大学特任教授、SBI大学院大学教授などで国際金融情勢を分析。
  • 顧問

    土居 丈朗

    1970年生まれ。93年大阪大学卒、99年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。東京大学社会科学研究所助手、カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員などを経て慶應義塾大学経済学部教授。政府税制調査会、行政改革推進会議、全世代型社会保障構築会議、財政制度等審議会などの委員を兼職。近著に「平成の経済政策はどう決められたか」。

Research groups 研究会のご紹介

当研究所ではアカデミアの有力者や若手研究者と連携し、Fintech研究会やグローバル金融市場研究会を定期的に開催しております。また、現在「デジタルアセット」に着目した新しい研究会の立ち上げを準備中です。

グローバル金融市場研究会

主幹
山﨑 達雄(SBI大学院大学教授、元財務官)

Fintech研究会

主幹
藤本 守(SBIホールディングス 執行役員 ブロックチェーン推進室長 兼 SBI R3 Japan 代表取締役CEO)